マンション管理会社選びに失敗しない【ポイントを押さえて見極める】

通貨
女性

広い顧客層を獲得する方法

利益を大きくするには戸数が多い物件が有利ですが、顧客層を広げなければならないのも事実です。賃貸保証会社と契約しておくと、借りる人は連帯保証人を立てる必要がなくなるため、より多くの顧客に目を向けてもらえる物件になります。

マンション管理は適切に

集合住宅

どれほど外注しているか

マンション管理会社を選ぶ際の基本は、信用できる会社か否かです。とは言ってもどの会社が信用できるかを見極めるのは簡単ではありません。ここで選定に役立つ指針を提示したいと思います。はじめに見るポイントは、国土交通省登録をしているかどうかです。マンション管理会社は国土交通省への登録が必須となっています。したがって、もしも未登録の会社であったなら、その会社は信用に値しないということになります。次に見るべきは、管理業務を下請けに任せていないかです。マンション管理会社には自社スタッフで原則すべて賄う会社と、下請けを利用する会社とがあります。このとき、すべて自社で賄う会社のほうが信頼できます。理由は明快で、一貫した管理体制を敷けるからです。一方、下請けに投げると、どうしても管理会社と下請けとで連絡ミスや認識の齟齬が生じます。従ってすべて自社で管理する会社のほうが信用できますし、何かあった時のサポートにも期待がもてます。また合わせて考えると、専門スタッフが多く常駐する会社ほど多種多様なトラブルに対処できると捉えられます。このことからも自社管理の重要性が垣間見えます。またチェックすべきは実績です。多くのマンションと契約しているマンション管理会社は、それだけ経験値を積んでいるといえます。トラブル対処の経験も多いはずですから、何かあった時に速やかに対処してもらえる可能性が高いです。また契約数が多いということは経営が盤石であることの証左にもなります。安定経営にあるのであれば、スタッフの教育や設備投資に回せる資金が用意でき、手厚い管理が期待できると考えられます。マンション管理会社を選ぶ際には、このような点に留意していただきたいです。

男女

利益の出るマンション

大阪で売っているマンションは収益物件として利用することができ、コンスタントに利益を出せます。また都心にある物件ほど集客力も凄いため安定感は郊外のものよりも優れているのです。管理が面倒なときは管理委託会社に依頼して行うことも出来ます。

積み木のマンション

含み損も怖くありません

資産運用をするのであれば、借入をして不動産投資をしましょう。不動産投資における借入は、株式の信用取引やFXとは異なり、追証という概念がありません。毎月の返済をきちんとしていれば、不動産市況が悪化しても恐れることはありません。